個人輸入通販できる性病治療薬『レボクイン』効果内容副作用紹介ページ

レボクインはクラビットのジェネリック医薬品で、ニューキノロン系経口抗菌製剤と呼ばれる合成抗菌製剤です。

主成分はレボフロキサシンで、今までの抗菌薬に比べて抗菌力が強くとても効果があります。

インドの有名な製薬会社シプラ社が製造・販売しています。

【効果】

有効成分のレボフロキサシンが細菌の増殖を抑制し、最終的に菌を死滅させる効果を持ち、発熱・腫れ・痛み・発疹などを改善します。

主に、クラミジア・淋病・バルトリン線炎・子宮内感染などに効果があります。

また、性行為の前に服用することで性病の予防にもなります。

【服用方法】

1日1回1錠(500mg)を水またはぬるま湯で服用してください。

症状や体質によって服用の量は変わってきますので医師の診断を受けることをおすすめします。

【副作用】

下痢・発疹・めまい・頭痛・倦怠感など副作用には個人差がありますが、症状が激しい場合は服用を中止し医師の診断を受けてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ