まつ毛美容液・ビマトプロスト成分について

このページでは、まつ毛美容液として有名なルミガンの主成分『ビマトプロスト』についてまとめています。

ビマトプロスト成分は、まつ毛へどのように働きかけるのか!?

ビマトプロストは、まつ毛以外に効果があるのだろうか!?

それからビマトプロストを配合したジェネリック医薬品も紹介していきます。

【ビマトプロストについて】

ビマプロストとは、まつ毛の美容液「ルミガン」に配合されている成分です

ビマプロストは、まつ毛の育毛効果があるとして、今最も注目を浴びています。

このビマプロスト成分には、メラニンの生成を促し、まつげの毛包を刺激させ、まつげの毛周期が成長するのを長くすることが、研究によって明らかになっています。

研究によると、ルミガンで使用する前と比べて
18%まつげの色が濃くなる
106%密度が高まる
25%長さが伸びる
という結果が出ています。

しかし、ビマプロストには即効性はありません。

臨時試験によると、使用を開始してから16週目に変化の確認をしたところ【まつげの色の濃さ、長さ、多さ】の3点について、全体の78%もの方に変化が出たそうです。

つまり、ビマプロストはAGA治療薬と同じで、毎日使用し続ければ効果が出ません。

まつ毛の毛根に直接働き変えるのですから、時間はかかりますよね。

しかし、16週目には確実に効果が実感できるので、ルミガンを買い求める方が急増しているのだとか。

特に若い女性にはとても人気なようで、実際に効果を実感出来た方は「もうつけまつ毛いらず」「マツエクに行く必要がなくなった」という意見が多いみたいです。

また、ビマプロストの効果が絶大なことにより「魔法のまつ毛美容液」とも呼ばれています。

【ビマトプロストは緑内障を改善します】

ビマプロスト成分は、もともとまつ毛の育成を目的として開発されたわけではなく、緑内障の治療を目的として開発された成分でした。

緑内障は視野(目の見える範囲)が狭くなってしまう病気ですが、なぜ視野が狭くなるかと言うと、それは視神経が傷害されてしまうからです。

特に眼圧が高くなってしまう高眼圧症であると、視神経が傷害されやすいために緑内障を発症しやすくなってしまいます。

その緑内障患者がビマプロストを点眼した際に、副作用で
「まつ毛が濃くなった」「まつ毛が長くなった」
という声が多く寄せられたことから臨床実験を行い、まつ毛の育毛効果があると分かったのだといいます。

これにより、ビマプロストはまつ毛美容液として新たに販売されるようになったのですが、緑内障を治療することもできる優れた点眼薬なのです。

【ビマプロスト配合のジェネリック医薬品】

ビマプロスト配合の医薬品は、もちろんルミガンが一番主流なのですが、ルミガン以外にジェネリック医薬品も販売されています。

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が終了した後に、同じ成分を配合した医薬品を、他の製薬会社が製造できます。

開発社ではなく他製薬会社が同じ治療を目的として、同成分・別医薬品名で販売したものをジェネリック医薬品といいます。

新薬とは、医薬品を開発するのに期間が10年~30年、費用は数十億円~数百億円かかるといわれています。

その為、新薬が販売されてから20年~25年は、その成分を独占することができます。

しかし、特許期間が終了してからは、その成分が国民の財産となり、他製薬会社でも同成分を使用した医薬品を開発できるのです。

ジェネリック医薬品は、既に新薬で有効性が認められているので開発期間が短く、コストも大幅に抑えることができます。

その為、新薬の半分以下のお値段で販売することができるメリットがあります。

つまり、ジェネリック医薬品は、新薬と同じ効果が認められている上、お得に購入することができる優れものなのです。

ビマプロスト配合の代表的なジェネリック医薬品は、以下の商品になります。

【ビマプロストジェネリック・ビマトアイドロップ】

薬品名:ビマトアイドロップ

主成分:ビマトプロスト

製造元:アジャンタファーマ

内容量:1箱 3ml(0.03%)

形状 :drops

効果 :上記参照

【ビマプロストジェネリック・ケアプロスト】

薬品名:ケアプロスト

主成分:ビマトプロスト

製造元:サン・ファーマシューティカル

内容量:1箱 3ml(0.03%)

形状 :drops

効果 :上記参照

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ